朝日木材加工 スツール bien faire candy stool 幅30cm 高さ43cm BFC-4030SL-GR 安心の実績 高価 【98%OFF!】 買取 強化中 奥行30cm グリーン

朝日木材加工 スツール bien faire candy stool 幅30cm 奥行30cm 高さ43cm グリーン BFC-4030SL-GR

朝日木材加工 スツール bien faire candy stool 幅30cm 高さ43cm BFC-4030SL-GR 安心の実績 高価 買取 強化中 奥行30cm グリーン askher.ca,奥行30cm,グリーン,bien,2942円,朝日木材加工,高さ43cm,スツール,candy,/lycoperdon941425.html,faire,BFC-4030SL-GR,stool,幅30cm,ホーム&キッチン , 家具 , リビングルーム家具 2942円 朝日木材加工 スツール bien faire candy stool 幅30cm 奥行30cm 高さ43cm グリーン BFC-4030SL-GR ホーム&キッチン 家具 リビングルーム家具 askher.ca,奥行30cm,グリーン,bien,2942円,朝日木材加工,高さ43cm,スツール,candy,/lycoperdon941425.html,faire,BFC-4030SL-GR,stool,幅30cm,ホーム&キッチン , 家具 , リビングルーム家具 朝日木材加工 スツール bien faire candy stool 幅30cm 高さ43cm BFC-4030SL-GR 安心の実績 高価 買取 強化中 奥行30cm グリーン 2942円 朝日木材加工 スツール bien faire candy stool 幅30cm 奥行30cm 高さ43cm グリーン BFC-4030SL-GR ホーム&キッチン 家具 リビングルーム家具

2942円

朝日木材加工 スツール bien faire candy stool 幅30cm 奥行30cm 高さ43cm グリーン BFC-4030SL-GR







様々なシーン・用途に使えるスツール。
パステルカラーでかわいいですが頑丈です。


ブランド紹介

朝日木材加工 スツール bien faire candy stool 幅30cm 奥行30cm 高さ43cm グリーン BFC-4030SL-GR

可愛い、しっかりしていて、値段も安い。 続きを読む

いよいよ!ビートルズが大阪・南港に Got Back !ビートルズストリート Vol.15 開催決定!5月28日(土)~29日(日)

ビートルズが大阪・南港に Got Back !ビートルズストリート Vol.15 開催決定!5月28日(土)~29日(日)



「全ての人へビートルズの素晴らしい音楽を」をコンセプトに2013年より、大阪南港ATCで開催されている国内最大級のビートルズフェス。

15回目の開催となる今回は、全国より総勢55組のビートルズを愛する出演者が2日間に渡り、それぞれのビートルズを奏でます!
両日とも、観覧無料となりますので、お誘い合わせの上、南港ATC(アジア太平洋トレードセンター)へお越しください♫


【日時】
5/28(土) 10:30 - 18:00
5/29(日) 10:30 - 18:00


【開催地】
大阪南港ATC(アジア太平洋トレードセンター)ウミエール広場

※雨天時メインゲートにて開催

※両日とも終演後に出演者によるフィナーレを予定しております。

出演者、アクセス等は公式ホームページ、SNS等よりご確認ください。

公式ホームページ
ビートルズSTREET



55組のビートルズ・トリビュートバンドが参加します!
どのアーティストも、本格・ビートルズです。
何度も見に行っていますが、歌あり、演奏あり、笑いあり(!?)と楽しく、真剣で、活気のあるイベントです。
これ程のバンド・アーティスト達のパフォーマンスを大阪で観る事が出来るのは、この『ビートルズ・ストリート』だけです。
コロナ対策もバッチリ!まあ…野外ですので大丈夫ですよ。









屋内でなく、屋外、しかも、海や空や船が見える場所でのイベントですので、春の爽やかな風に乗って、ビートルズ・ソングを楽しみましょう!!

【ステージ】
1日目:5/28(土)
①10:30-10:45/エッグマン
②10:55-11:10 / BeatSquare
③11:20-11:35/やさしくギアフリーク
④11:45-12:00/ハゲトルズ
⑤12:10-12:25 / T5
⑥12:35-12:50 / BEAT-LUZ
⑦13:00-13:15/オロナインえっち南港
⑧13:25-13:40/マージーノート
⑨13:50-14:05/まことりお
⑩14:15-14:30/マージースイーツ
⑪14:40-14:55 / Dr.ROBERT
⑫15:05-15:20/駒川ペートルズ

⑬15:30-15:45/ザ・マッカートニーズ (The McCartneys) ←当ブログ、おススメのバンド!なりきりポール・マッカートニーのボーカルにご注目を!
⑭15:55-16:10/なかじまさき
⑮16:20-16:35 / PMCB
⑯16:45-17:00 / THE BEATLEK'S
⑰17:10-17:25/ビートガン
⑱17:45-18:00 / Live!TheBears


2日目:5/29(日)
①10:30-10:45 / BOAC
②10:55-11:10 / FOUR RISE
③11:20-11:35/イエローサブマソソ
④11:45-12:00 / PKB
⑤12:10-12:25 / THE MAGIC7
✧12:35-12:50/ポイズンアップル
✧13:00-13:15 /ザ・ビビットルズ
⑧13:25-13:40/ブドウ
⑨13:50-14:05/後悔
⑩14:15-14:30 /ザ・ビート♡ラブス
⑪14:40-14:55 / LENNOMAC
⑫15:05-15:20/ビート
⑬15:30-15:45/斜陽族
⑭15:55-16:10/シルバークリケット
⑮16:20-16:35 / GUESS TONE SLIPS
⑯16:45-17:00 /ザ・ジジトルズ
⑰17:10-17:25 / The BeatlAs


【アコースティック】
1日目:5/28(土)
①10:45-10:55 / Sgt.Salt
11:10-11:20 / Sgt.Salt
②11:35-11:45 /ヒロクズマ&ハラポン
12:00-12:10 /ヒロクズマ&ハラポン
③12:25-12:35/戎紫穂
12:50-13:00/戎紫穂
④13:15-13:25/みすたーえっくす
13:40-13:50/みすたーえっくす
⑤14:05-14:15/斜陽族Z
14:30-14:40/斜陽族Z
⑥14:55-15:05/ガラパゴス犬イ
15:20-15:30/ガラパゴス犬イ
⑦15:45-15:55/居酒屋ビートルズ南港店
⑧16:10-16:20 /イツビ〜んなハードでいずナイトウ
⑨16:35-16:45 / LENNOMAC WORKS
⑩17:00-17:10/ポールカズンズ
⑪17:25-17:45/セイジとフレンズ


2日目:5/29(日)
①10:45-10:55/シーゲルズ
11:10-11:20/シーゲルズ
②11:35-11:45 /ビートつよし(仁井田剛)
12:00-12:10 /ビートつよし(仁井田剛)
③12:25-12:35/池冷水
12:50-13:00/池冷水
④13:15-13:25/おっくん
13:40-13:50/おっくん
⑤14:05-14:15/大野大輔
14:30-14:40/大野大輔
✧14:55-15:05 /ひょうたんず(PKB)
15:20-15:30 /ひょうたんず(PKB)
✧15:45-15:55/ラシエラヴィーナス
16:10-16:20/ラシエラヴィーナス
⑧16:35-16:45/ゴロバンド
17:00-17:10/ゴロバンド
⑨17:25-17:35/ブドウのプラグを抜いた




こちらのイベントも見逃しなく!



第二部の申し込みは、5月31日 22時までです!急いで!座席あとほんの僅かです!

さあ!一緒に、ポール・マッカートニーのバースデイを、ライヴで祝いましょう!

ゆめ参加NAブログ主催・西日本Meet Up会、6月26日に開催します!参加者受付中!

      

5月25日フロリダ州ハリウッドHollywood のハードロックライブ Hard Rock Live 公演

5月25日フロリダ州ハリウッドHollywood のハードロックライブ Hard Rock Live 公演を振り返りまShow!








SoundCheck



開演



















こちらのイベントも見逃しなく!



第二部の申し込みは、5月31日 22時までです!急いで!座席あとほんの僅かです!

さあ!一緒に、ポール・マッカートニーのバースデイを、ライヴで祝いましょう!

ゆめ参加NAブログ主催・西日本Meet Up会、6月26日に開催します!参加者受付中!

      

ポール・マッカートニーの訪問中に過去と現在が出会う ~ 5月21日 ウェイク・フォレスト大学トゥルーイスト・フィールド公演を振り返る

ポール・マッカートニーの訪問中に過去と現在が出会う ~ 5月21日 ウェイク・フォレスト大学トゥルーイスト・フィールド公演を振り返る



5月21日、13都市を回る待望の "GOT BACK "ツアーで訪れたウェイク・フォレスト大学トゥルーイスト・フィールドで、ポール・マッカートニーは約32,000人の熱狂的なファンを前に、本来の居場所に戻ってきました。約2.5時間、36曲のヒット曲とトークをノンストップで披露し、カリスマ性が会場に響きわたりました。

ビートルズとウィングスのサンドイッチで始まる「Can't Buy Me Love」では、時代を超えた楽曲がミックスされています。
「Junior’s Farm」と「Letting Go」、そして「Got to Get You Into My Life」、マッカートニーのシングル「Come On to Me」と続き、ウィングスの「Let Me Roll It」とジミ・ヘンドリックスがサージェント・ペッパーに反応した思い出が詰まった「Foxy Lady」が融合しました。

“He broke out in London, you know,”
「彼はロンドンでブレイクしたんだ」


とマッカートニーは語り、ヘンドリックスがレコードが発売された週末にそのレコードを覚え、"Getting Better "を弾きまくったことを思い出した。

ピアノに持ち替えたマッカートニーは、この夜、楽器を何度も持ち替えながら、"Let 'Em In "で盛り上げ、妻に捧げた "My Valentine "と "Nineteen Hundred and Eighty-Five "を続けて弾き語りで演奏しました。

若き日のポールが幼いステラ・マッカートニーに抱かれている写真をバックに、"Maybe I'm Amazed "で優しい時間が続きました。

“The baby on the screen in my jacket now has four babies of her own,” “One just graduated college.”
"僕のジャケットのスクリーンに映っている赤ちゃんには、今自分の赤ちゃんが4人いるんだ。"一人は大学を卒業したばかりだ。"


そして、"Where does the time go?" とつぶやき、"We Can Work it Out" に移り、歴史的な瞬間に歴史の教訓を説いたのです。この日の公演はウィンストン・セーラムでは初めてのもので、後日彼が語ったように、セットリストにはこのツアー以前にライブで演奏されたことのない曲(「You Never Give Me Your Money」など)が含まれていました。

しかしその前に、マッカートニーは観客を「時の霧を抜けて」、「リバプールというイングランド北部の小さな港」に連れて行った。
クオリーメンの時代、

“got together, formed a band and did ok,”
「集まってバンドを組み、まあまあの結果を出したよ」


彼は謙虚に語り、5人のメンバーが1人1ポンドを出し合ってシングルを制作したことを思い出した。

そのシングルは「In Spite of All the Danger」で、交通渋滞の頭痛の種にもかかわらず、ウオオオと声を上げてスタジアムを一杯にし、続く「Love Me Do」では満腔のうねりを見せたのである。

“And to this day, if I listen to the record, I can hear the wobble in my voice,”
「そして今日まで、レコードを聴くと、私の声のゆらぎを聴くことができます」


とマッカートニーは伝記の前奏で語り、ロンドンに行き、ジョージ・マーティンと付き合った話をしました。

ビートルズといえば、イングランド北部出身の男たちのグループだったことを忘れてしまいがちだ。マッカートニーは、大都市と大きなスタジオを前にして、「恐怖を感じた」と語っている。しかし、その不安は、あの夜ノースカロライナで鳴り響いた何世代にもわたる「ビートルズの叫び」によって、とうの昔にかき消された。

群衆の上に立ち、バンドは後方に回り、マッカートニーのソロとアコースティックがクールなブルーのトーンに照らされ、「Blackbird」のメロディーが暗い夜の中に飛び込んできました。

高台から、彼は1960年代のアメリカでFab 4が目撃した人種差別の多さに驚いたと語った。
“It was quite shocking,”
“cuz, ya know, we’d always thought America’s the land of the free.”
「アメリカは自由の国だとばかり思っていたからね」。


その体験が彼を曲作りに向かわせた。

“for anyone going through that situation,” ” and if they ever heard it, it might just give them a little bit of hope.”
「同じような状況にある人のために」「もし彼らがそれを聞いたら、少しは希望を与えてくれるかもしれない」

と彼は説明した。

他の人への希望から、自分自身のちょっとした満足感まで - マッカートニーは、自分でこの曲を学ぼうとした人たちから話を聞くのを楽しんでいる。

“Anybody here try to learn Blackbird?” he asked amusedly. “Well. You got it wrong.”
「ブラックバードを習おうとした人はいるかな?」 「まあね。間違えましたね」


“But thanks for trying anyway,”
「でも、とにかく試してくれてありがとう」


と付け加え、ジョン・レノンの死後に書いた「Here Today」についての話や賢明なアドバイスに再びシフトしていった。

“If you got something to tell someone, tell them.”
"誰かに伝えたいことがあるなら、伝えればいい"。


自らのアドバイスを受け、マッカートニーは観客を翻弄し、自らの影で存在感を示した。

“when we play a Beatles song, the place lights up with your phones. And it’s like a galaxy of stars,”
「ビートルズの曲を演奏すると、会場が皆さんの携帯電話で明るくなるんだよ。そして、まるで銀河のような星空になるんだ」


と気まぐれに語り、遊び心のあるパンチを加えた。

“but when we do a new song, it’s like a black hole.”
「でも、新曲をやると、まるでブラックホールだ。」


でも気にしない、とにかくやるんだ」と心配をよそに、マッカートニーは降板し、「New;」でバンドに再び加わり、観光局のジョークを交えながら「Lady Madonna」「Fuh You」「Being for the Benefit of Mr Kite!」へと入っていった。

60年にわたるキャリアを持つMcCartneyは、満員のフットボールスタジアムでさえも親密な関係を築く、修辞的なやりとりの才能で観客とのつながりを理解しています。観客のサインを読み上げたり、サインをしたお尻にツッコミを入れたりしながらも、彼は生意気にも礼儀正しく、かつての仲間への崇拝の念に満ちていました。

“Not many people know that George Harrison’s a really good ukulele player,” “He actually gave me this one. It’s a Gibson,”
「ジョージ・ハリスンのウクレレの腕前はあまり知られていないようだね」。「これは彼がくれたんだ。ギブソンだ」


と言いながら、

“pretty cool,”
「なかなかいいね」


とさりげなく、ビートルズ時代の2人のやりとりを披露してくれました。

“I was around at his house one day, and we were just jamming together on two ukuleles,”
"ある日、彼の家に行ったとき、2本のウクレレでジャムっていたんだ。


“and I said to him, ‘I’ve learned one of your songs on ukulele.’ So we played it together that day. And I’d like to play it for you now.”
"そして、"君の歌をウクレレで覚えたよ "「それで、その日一緒に演奏したんだ。そして今、それを演奏したいんだ」。


Something "を甘くかき鳴らすと、彼はすぐに観客の柔らかな歓声とシンガロングに支えられ、彼らに感謝した。

“And thank you, George,” he added, “for writing that beautiful song.”
「そして、美しい曲を書いてくれてありがとう、ジョージ」。


そして、"Ob-La-Di, Ob-La-Da "へと続く。

“Ok. This next one here, we’re going to ask you to sing along, ok?”
"よし、次の曲は、一緒に歌ってもらおう、いいね?"。


“in the middle somewhere, I will shout ‘now you’ and you will sing most gloriously.
「真ん中のどこかで、私が "Now you "と叫ぶから、最も華麗に歌ってくれ」


マッカートニーは指示した。

Life goes on "がフィールドに響き渡り、"You Never Give Me Your Money"、"She Came in Through the Bathroom Window "と続く。ウィンクをしながら、マッカートニーは "Get Back "に蹴り込んだ。

“I won’t ask if you’re having a good time,”
「楽しんでいるかどうかは聞かないよ」


“I can tell you are.”
「あなたが楽しんでいるのはわかるよ」。


間奏の "Let It Be "では、電話の光の海がスタジアムを輝かせていました。パイロテクニックが炸裂し、マッカートニーは玉座の上でキラーのように炎のピアノを弾きながら、「Live and Let Die」へとなだれ込みました。

静寂の世界から一転、高揚感あふれる "Hey Jude "の前哨戦となるエキサイティングなステージ。スタジアムの観衆がコーラスを歌う歓喜の声の中、涼しい風が吹き抜ける。マッカートニーは、ピエモンテの蒸し暑い夜に溶け合う観客の声の甘美さについて、こう語った。蛍の光のような携帯電話。スタジアムを埋め尽くす笑顔。

英国、米国、ノースカロライナ、レインボー、ウクライナの国旗を手に、「ありがとう」と言いながらステージを降りたマッカートニーは、すぐに6曲のアンコールに応えてくれました。I've Got A Feeling」のバーチャル・デュエットで始まり、「The Beatles」シリーズから抜粋したレノンのボーカルをフィーチャーした特別なトラック。「Get Back」シリーズからレノンのボーカルを分離して収録。

“How about that?” “We were together again.”
"どうだい?" 「俺たちはまた一緒になったんだ」


とマッカートニーはこうつぶやいた。

生意気な "Birthday "は、"来年中に誕生日を迎える人 "に捧げられ、ムードを明るくした。その後、宇宙時代の破裂するような "Helter Skelter" 、"Golden Slumbers" 、3万人以上の不協和音の中で運ばれる "Carry That Weight" のコーラスが続いた。そして、この歴史的なショーの最後を飾るのは、花火と別れを告げる "The End "である。

“the love you take is equal to the love you make,”
「あなたが取る愛は、あなたが作る愛に等しい」のであれば、マッカートニーが良いことをしたのは明らかです。

“I said at the end of the last tour that I’d see you next time,” he explained of the tour’s title. “I said I was going to get back to you. Well, I got back!”
前回のツアーの最後に、「また今度ね」と言ったんだ。"私はあなたに戻ってくるつもりだと言った。そう、僕は戻ってきたんだ!"


マッカートニーは戻ってきたんだ。そして、私たち全員が仲間になったような気がしました。

Harmonious Ring: Past and Present meet during Paul McCartney’s visit

Paul McCartney Sings a New Song for His Friend

Paul McCartney Sings a New Song for His Friend



Hear the original birthday song Paul sang for his ex-bandmate, Thaddeus Richard.

ポールが元バンドマンのタデウス・リチャードのために歌ったオリジナルのバースデーソングを聴くことができます。

Paul McCartney sings happy birthday to Thaddeus Richard





Thaddeus Richard

ルイジアナ州ニューオリンズ出身のアメリカのマルチ・インストゥルメンタリスト(ホーン、ベース、ギター、ピアノ)。1974年にテネシー州ナッシュビルに移り住み、そこでポール・マッカートニーと出会い、5年間一緒に演奏する。また、アル・グリーン、ジョー・テックス、Z.Z.ヒル、キャンディ・スタットンなどとも共演している。

『クラブ・サンドウィッチ』17号、1980年より。

ソプラノ・サックス、フルート、クラリネットを演奏するタデウス・リチャードは、1950年にニューオリンズで生まれました。独学で音楽を学び、大学を1年半で中退して音楽活動に励む。

1970年、ヒップ・ハガーズというグループでサックスとベースを担当し、71年にはジョニー・テイラーとツアーに出る。また、アル・グリーンやトニー・ドーシーとも共演し、ダラスに移ってからはリアリティというグループで演奏していた。

サディアスはナッシュビルのサウンド・ショップ・スタジオでポール・ケリーと仕事をし、「Hooked, Hogtied and Collar'd」というアルバムを一緒に制作した。また、トニー・ドーシーと「マジック」というグループを結成し、トニーの妻メアリーも参加していた。サディアスはナッシュビルでポール・マッカートニーと出会い、以来、ホーン・セクションのメンバーとして活動している。

ウィングスを去った後、彼は1977年にスタジオワークに集中し、自分自身やゲイリー・クレメントなど地元の人たちのためにプロデュース業にも挑戦した。

ニューオーリンズのバーボンストリートで、伝統的なディキシーランドを演奏し、クラレンス・"フロッグマン"・ヘンリーとも一緒に仕事をするようになった。78年半ばにはジョージ・ポーターと「ジョイ・ライド」というグループで活動し、その後、新年にリリースされるアルバムを録音した。

1979年には自身のグループ "Quiet Fire "を結成し、ジャズ・ファンクのフォーマットで活動するが、現在も様々なグループでスポット的にライブをこなしている。A.Z.A.(サックス)、Nite Life(サックス、ピアノ)、Nite Line(ベース)。また、タデウスはレコーディングの分野でも活躍している。



クラブサンドイッチからの写真、No 17、1980 –これがウェンブリー[1979ツアー]の舞台裏のホーンセクションです。
左から右へ:スティーブ・ハワード、サデウス・リチャード、ハウイー・ケイシー、トニー・ドーシー

httppaulmccartney-project.com/artist/thaddeus-richard